談話会のご案内

芝浦工業大学システム理工学部数理科学科では,学内外の研究者をお招きして,研究について語っていただく談話会を開催しております.

次回の談話会

以下の要領で談話会を開催致しますので, ご案内申し上げます.
皆様のご参加をお待ちしております.


第64回: 2017 年 10 月 11 日 (水) 18:30~
場所 芝浦工業大学大宮キャンパス5号館2F 演習室(数理棟5284室)
講演者 相原 研輔 氏(東京都市大学 知識工学部 情報科学科)
講演タイトル 大規模連立一次方程式に対する短い漸化式を用いるクリロフ部分空間法の収束性
講演概要 様々な科学技術計算で現れる大規模な連立一次方程式に対して,クリロフ部分空間法は有効な反復法群である.しかし,浮動小数点演算において生じる丸め誤差の影響により,理論通りに収束しない場合も多い.本講演では,共役勾配(CG)法や共役残差(CR)法など,短い漸化式によって近似解ベクトルと対応する残差ベクトルを更新する解法を取り上げ,丸め誤差が収束の速さや近似解の精度にどのような影響を与えるのかについて議論する.また,収束性を改善する手法について,講演者の最近の成果も交えて紹介したい.

会場・世話人の情報
会場へのアクセス 会場へのアクセスは以下の URL をご参照ください.
http://www.shibaura-it.ac.jp/access/
世話人 石渡 哲哉, 井戸川 知之, 江上 繁樹, 榎本 裕子, 尾崎 克久, 亀子 正喜, サイ 貴生, 清水 健一, 鈴木 達夫, 竹内 慎吾, 廣瀬 三平, 福田 亜希子,松田晴英,山澤浩司
連絡係 亀子 正喜 kameko(アットマーク)shibaura-it.ac.jp
石渡 哲哉 tisiwata(アットマーク)shibaura-it.ac.jp
尾崎 克久 ozaki(アットマーク)shibaura-it.ac.jp