本文へスキップ

芝浦工業大学システム理工学部機械制御システム学科

TEL.

研究内容RESEARCH CONTENTS

2019年度



2018年度

■LiDARとカメラを用いた群衆中での歩行者認識に関する研究
■受動的手段を用いたドライバの覚醒度維持手法に関する研究
■環境変化を考慮した群衆中での自律移動モビリティの経路計画に関する研究
■駐車支援のための射影変換による3次元情報復元に関する研究
etc.


2017年度

■擬似コックピットを用いた覚醒度維持HMIに関する研究
■LiDARによる3D地図の作成
■自動運転セットボックスの製作
■RCカーの輪荷重変化による運動性能の向上
■ジャイロ効果を用いた自転車転倒防止
■バックカメラを用いた射影変換による3次元情報復元
■Improving function detecting general objectfor on-board computer vision by artificial neural network
■Reconstruct 3D Model Using 2D LiDAR and Monocular Camera.
etc.

 

2016年度

■環境センシングを用いた自立走行車の開発
■輪荷重変化による運動性能への影響評価方法
■ジャイロ効果を用いた自転車転倒防止
■単眼とステレオを用いたセンサフュージョンによる走行環境認識
■ドライバの脳活動に基づく自動運転のための覚醒度維持HMIに向けた実験環境構築
■車載単眼カメラによる横断歩行者認識
■表示情報視認時における運転負荷推定手法
■自動運転から手動運転における操作主権
■室温変化による心拍と運転操作との関連
■無意識の学習効果によるドライバへの注意喚起
■CAN情報を用いたドライバの挙動解析による運転支援情報提供
■自動運転状況下における心拍情報を用いたドライバの体調変化推定
■Environment Understanding with Optical Flow Detection and 3D Information Reconstruction

2015年度

■射影変換を用いた前方風景のぶれ補正
■単眼画像処理による夜間走行環境認識
■ジャイロ効果を用いた自転車転倒防止
■実車による自動運転体験のための疑似コックピット開発
■ドライバーの体調と運転操作の相関性
■非運転タスクが運転操作に及ぼす影響
■表示情報視認時における運転負荷推定手法
 

2014年度

■無意識を考慮したドライバモデル
■車間距離警報の効果的な提供方法
■前方走行環境条件によるヘッドアップディスプレイ表示
■画像処理によるパーソナルモビリティのためのトラッキングアルゴリズム
■車載単眼カメラによる夜間歩行者検出
■画像情報による自車位置推定
■輪荷重変化による自動車運動性能への影響
■二輪転倒防止システムにおけるライダー挙動の影響

2013年度

■二輪転倒防止システムでのHITL(Human In The Loop)の検討
■メタ安定相検出のためのドライバ挙動解析
■参照画像処理方式によるメタ安定相検出手法の開発
■上記二つのテーマを実走行環境で実施し渋滞回避ルートの提案と検証

バナースペース