本文へスキップ

Medical Data Science Initiative

医用データサイエンス研究会

人体の正常機能や病態の立体的可視化を基にした臨床における予測医学の実現を目指し,医用画像(CT,MRI,PETなど)や医学知識など複数の医学情報を融合した3次元計算モデルの作成,医用シミュレーションへの応用とその人体への影響に関する研究会です.

ギャラリー

イメージ01

生体の融合3次元可視化情報

CTやMRI,PET画像データなど複数の医用画像データを融合させた融合3次元画像処理技術を用いた超高精細の生体モデル(特に中枢神経系)の開発に関する研究

イメージ02

医用シミュレーション

大脳や脳血管、脳神経などの正常構造と脳動脈瘤のような病態に関する形状モデルを作成し、立体視及び触った感覚(触覚)が提示可能な医用シミュレーションシステムを開発し、手術手技の熟達度評価など学習や認知への影響、臨床における有用性、病態の進行予測に関する研究

イメージ03

医学教育訓練用マネキン

CTやMRI,PET画像データなどの医用画像データを基に積層造形によるリアルな生体モデルを作製し,解剖学教育や手術の事前検討に利用する研究

イメージ04

生体の物理情報計測

生体モデルを作製するための基礎となる生体の物理情報を計測するための計測機器の研究開発

informationお知らせ

2016年7月25日
情報交換会@東京大学小山研究室
2016年9月15日
研究会(1泊2日)@静岡県賀茂郡河津町

代表幹事

足立吉隆

〒337-8570
さいたま市見沼区深作307 芝浦工業大学 足立研究室
TEL.048-687-5185
FAX.048-687-5197